幸福になるための法律と経済学

現資本主義の深刻な不平等現象を分析して、上位1%富裕層に重課税賦課を代案として提示して全世界的注目をあびているトーマス・パーキンス、パリ経済大学教授は19日<ニューヨークタイムズ>とのインタビューでこのように警告した。
syokumin4688

彼の著書<21世紀資本論>は去る300余年間の税金資料などを分析して、上位1%がますます多くの富を独占することになる深刻な不平等は資本主義の構造的特性であることを証明した。昨年末フランスで出版されて最近英語版が出てきた後‘経済学界のブロックバスター’という評価を聞く程話題を呼び集めている。

パリ高等師範学校出身エリートである彼が22才に提出した博士学位論文主題は富の再配分理論に対することだった。 卒業の後にはアメリカ、マサチューセッツ工大(MIT)で2年の間経済学理論を講義した。 “理論講義は容易だった。 だが、私は富と所得に対する歴史的資料を集める真剣な努力があまりないという事実を悟ったしまもなくこのことに着手した。”

今年42才である彼は、自身は共産主義者でも、自由放任主義者でもないと話す。 彼はベルリンの壁崩壊1年後である1990年ルーマニアを旅行したが、空っぽの商店等を見て“経済的効率性のためでなく個人の自由のために私的所有が必要だと悟った”と回想した。 “私は共産党に誘惑される世代ではなかった。 それでかえって資本主義と不平等に対して新しい見解で眺めることができた”という彼は自身を“実用主義者”と規定した。

彼は1991年湾岸戦争を目撃して国家が願いさえすれば富の再配分に多くの役割をすることができるということを悟ったりもしたと話した。 “石油を取り戻そうとクウェートに100万の大軍を送ることができるならば、租税回避処に対しても同じであることを行うことができるではないか。”

彼の本の題名はカール・マルクスの<資本論>を連想させるが彼の結論は<資本論>と違う。<資本論>は資本主義の矛盾のために資本収益率が0に近づくといったが、パーキンス氏は現実はその反対だと指摘する。

tom

“資本収益率は経済成長率より永遠に高いだろう。人類歴史でいつもそのようにしてきたし今後もそうするだろう。”

彼は不平等を減らす解決法で全世界的総資産傾向税を提案して、富裕層の所得に70%まで富裕税を払わせなければならないと話す。 合わせて富裕層課税でおさめた税金を非効率的政府でなく資本を少なく持った人に再分配しようと主張する。

コラム 金持ちのための法律と経済学 遺産相続

相続される財産の分配などについては基本的民法で定められていることになります。そのためそれにしたがって、相続をしていくのが基本となります。しかし例外というのもあります。それは何かというと、遺言書になります。

相続に関しての遺言書の効果というのは非常に強いものであり、遺言書の効果、力というのは法律で保証をされていることになります。
民法による分配の決まりごとよりも、遺言書のほうが優先されることになり、遺言書の内容が非常に、一人の人間に偏った相続の仕方、分配になっていたとしても、それを覆すことは基本的にはできないということになります。

相続を考えていく時に、遺言書があるかないかによって、相続の仕方は大きく変化をしていくことになります。そのため遺言書の有無は必ずハッキリさせておく必要があるでしょう。
当然遺産分割協議で決まった内容よりも、遺言書のほうが大きな力を持つことになるので、協議で決まった内容というのは、無効になってしまうこともあります。

情報提供:相続税理士ナビ 相続は税理士に相談

●遺言書は亡くなった人の意思である

遺言書というのは、亡くなった人の意思を表していると考えられます。それゆえに法律的に、その意思を尊重することが保証されており、大きな力を持ってくると言えるでしょう。そのため基本的に遺言書の内容に反する財産分与や相続をすることはできないとされています。これはしっかりと師っておく必要があることになります。
ただ、遺言書があるからと言って、ある一人が財産の全てをもらえるということはまずないと言えます。
というのも、どのような相続人に対しても、一定の資産は相続されるという決まりがあります。これは遺留分と表現されます。この遺留分に関しては、遺言書でも「無し」にすることはできないとされており、遺言書であってもそれは例外ではありません。
全く資産がもらえないという内容で合った場合でも、遺留分滅殺請求権というものを利用し、取り戻すことは可能とされています。

遺言書は、正しく、そしてしっかりとした相続をする存在というよりも、亡くなった人の思いを表している存在と考えていくことができます。
そのため、時に非常にバランスの悪い相続内容になっていることもあります。それゆえにトラブルになってしまうこともありますが、基本的に遺言書の内容は絶対的であると考えておくと良いでしょう。(不正などがない限りという条件は付きます。不正があった場合は裁判などで決着をつけることもあるでしょう)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ